メリットは何?

電気代の削減になります

平成24年度県補助金設置平均容量4.7kWシステムなら、電気使用量の約120%発電します。

太陽の出ている昼で発電量が使っている電気より多ければ、電気代は基本的には無料。夜は従来どおり電力会社から電気を買いますが、岡山県で設置されている平均的な容量の太陽光システムでは、家庭で使う電気の量より多く発電します。

4.7kWシステム岡山県平均年間発電量約5532kWh
平成24年度県補助金設置
平均容量
県の1kWあたり
平均年間発電量(注2)
県平均 年間発電量
4.7kW 1,177kWh/kW 約5,532kWh

注1)日本エネルギー経済研究所試算値、 注2)アンケート回答者平均発電量を示しています。

このページのトップへ戻る

余った電気を売ることができます

アンケート回答者平均容量4.1kWシステムで平均年間15万7千円の収入があります。

アンケート回答者の平均設置容量である4.1kWあたりの月別発電量、売電量及び売電金額の推移を示しています。発電量の多い4~8月は毎月13,000円以上、発電量の少ない12~2月でも8,000円以上の収入があります。

4.1kWでの発電量、売電量及び月別売電料金の推移
このページのトップへ戻る

停電時、災害時にも電気が使えます

地震や台風などの災害により長時間停電になった場合にも、自立運転機能付きパワーコンディショナを使用していれば、太陽が出ている間、使用したい電気製品を専用のコンセントに差し込み、発電している分の電気を使うことができます。

停電時等でも発電があれば電気が使えます
このページのトップへ戻る

設置費用も年々低下

平均的な設置容量が大きくなっているにもかかわらず、設置にかかる費用は年々下がってきており、平成24年度の県補助による平均設置費用は約200万円(税抜)となっています。
1kWあたりの設置費用では平成24年度は約44万円(税抜)となっており、3年前と比較すると3割以上安くなっています。

平均設置費用と平均容量の推移
設置年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度
1kWあたりの設置費用
(税抜)
約65万円 約54万円 約50万円 約44万円

注)県補助による平均設置費用を示しています。

国や市町村で住宅用太陽光発電設置に対する補助金があります。市町村補助事業の詳細は各HP等を参照してください。

<国の補助事業>

平成25年度 住宅用太陽光発電導入支援補助金
応募期間 2013年4月17日~2014年3月31日
補助金額 太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり20,000円または15,000円
補助対象
システム
太陽電池の公称最大出力、またはパワーコンディショナの定格出力のいずれか小さい方の値が10kW未満 で、かつシステムの補助対象経費が50万円(税抜)/kW以下であること等
このページのトップへ戻る